浩珉妄想録~ゆのちゃみLOVE~

ユノとチャンミン。二人が幸せそうに笑って、いちゃいちゃしてくれてたら、もうそれだけで嬉しくて幸せ。東方神起は、ユノとチャンミンの二人だけです!!ユノチャミへの妄想と愛を語るブログです。

Entries

ズルい唇(1)

801号令、山梨から始まる言葉、BLという言葉のわからない方は絶対に入ってはいけません。
裏要素はありませんので、パスはかけていません。
ホミン大好き、ユノとチャンミンがラブラブしてくれてたら嬉しいという方のみ、続きからどうぞ。

少しばかりチャミの性格が変わってるというか、めんこくなりすぎております。
大丈夫な方は、ずずっとスクロールしてください。
ちょっとばかり長くなって、書き終わりそうになかったので、分けました。

























満員だった会場。混ざり毛のない純粋なレッドオーシャン。僕たち東方神起の色。

ユノヒョンと僕の名を叫ぶペンたち。

こんなにも多くのペンが待っていてくれたんだと。
ここまでやっと戻って来れたんだと。
そのことが本当に嬉しくて、『シアワセ色の花』のとき、ちょっとだけ震えたヒョンの声に、僕も少しだけ泣きそうな気持ちになった。


TONEツアー。
初日と二日目を無事に終えて、ユノヒョンも僕も最高の気分だった。



「ユノヤ、チャンミナ。食事はどうする? なにか希望があるか? あればこれから予約を入れておくけど」

控え室に戻った僕たちにマネージャーヒョンが聞いた。

「うーん。特にぼくは食べたいってのはないですけど、チャンミンはどお? 何か食べたい?」

衣装を脱ぎ、シャワー室へ向かう準備をしながらヒョンが僕の顔を見ながら聞いてくれる。
特にこだわりのないヒョンは、食べるのが大好きな僕の意見をいつも優先してくれる。

それに内心にっこり笑い、

「僕は早くホテルに帰りたいです。食事はいいです。ホテルのルームサービスで何か頼みますから。ね、いいですよね、ヒョン?」

と、ちょっとだけ首を傾げて、ヒョンにお願いするように言った。
ヒョンの大好きな『お願い』ポーズ。


根っからの長男体質、リーダー気質のヒョンは、面倒見が良く、年下からの甘えに弱い。
グループが結成され、自覚する妹馬鹿なヒョンに、まるで本当の弟のような接し方をされたときには、身近に兄と慕うような人物などいなかった僕は、どうしていいか戸惑うばかりだった。
だって、初対面では「やる気がないんなら、さっさと辞めるんだな」といきなり冷たいことを言ってきた人だったのだから。

けれど、負けず嫌いな性格から必死に練習する僕を見て認めてくれたのか、練習に付き合ってくれて、いつの間にか「可愛い可愛い」と頭を撫で、頬を寄せてくるヒョンの愛情表現が嬉しくなり、いつでも全力で、リーダーとして僕たちを引っ張って守ってくれるヒョンがとてもまぶしく頼もしく思う頃には、僕はヒョンをとても尊敬し、大好きになっていた。
それからは、坂道を転がるようにっていう表現が正しいくらい、変な言い方、僕はヒョンに懐いた。

今でもその頃の映像が残っていて、ペン曰く『ユノヒョン好き好き光線』が出てたと言われるそれを見ると、あまりの自分の素直さに恥ずかしくなる。
インタビューでは、ユノヒョンしか見てないし、その眼差しはまるで憧れる先輩を見る少女みたいだし、また恥ずかしかったり、何かあるとヒョンにちょっかい出しては、すぐヒョンに抱きついていたりもした。
ああこの頃の僕って本当に素直で可愛かったんだな~と感慨に耽ったりもする。

ただ、思春期が来て、他にもメンバーがいるのに、ユノヒョンばかり目で追って、甘える自分がなんだか恥ずかしくなり、僕は『最強』というキャラとマンネという可愛がられるポジションを最大限に活かし、メンバーの前では傍若無人に振舞い、ヒョンには冷たい素振りをして、今でいう『ツンデレ』という態度をとるようになってしまった。



狙ったカメラやペンの前では、今もそれは変わらない。
毒舌でそんな最強な僕の姿を見て喜んでくれるペンがいるから、いままでと変わりなく、僕は『チャガンチャンミン』のままに振舞う。

でも、ユノヒョンと二人でいるときは違う。
ツンデるなんて、そんなもったいないことはしない。
だって、仕事には鬼がつくほど厳しいけれど、それ以外は優しいヒョン。
甘えられるのが好きなヒョンは、甘えたらそれ以上に甘やかし倒してくれるのだから。



僕の声にユノヒョンは「チャンミンがそれでいいならいいよ」と言ってくれて、僕はほっとした。

ライブ前は、軽く差し入れをつまんだくらいだったから、お腹はぺこぺこで、本当は美味しくてがっつり食べられるお店に行きかった。

けど、それ以上に、ヒョンと早く二人きりになりたかったんだ。


シャワーを浴びて、スタッフやダンサーさんたちに挨拶をする。明日は一旦韓国に戻るから、今日までの感謝とまた来週よろしくお願いしますと一人一人にハグをし、会場を後にした。


車に乗り込み、外を見るフリをしてヒョンの手に指を絡ませると、ぎゅっと握られて、顔がにやけてくる。マネージャーヒョンが気づいた顔をしたけれど、知らんぶりをしてくれた。


ホテルの部屋の前で鍵をもらってマネージャーヒョンと別れ、部屋に入る。
途端、甘えて抱きついた僕に、

「ルームサービスで何か頼むんじゃないのか?」

からかいながらも、抱きしめ返してくれるヒョン。
ヒョンの温もりと香りに、ようやくほっとして、少しだけ満たされる。

だって、ずっとずっとヒョン不足だったんだから!


一緒に寝てはくれるけど、ライブがあるからって仲良くしてはくれなくて、ポッポだけで。
いまどき中学生じゃないのにさ。
僕がいくら平気だっていっても、仕事が絡むとヒョンはどんなに僕が甘えても首を振ってくれなくて。

だから、今日はヒョン不足を解消させてもらうんだから。


だけどそんな僕の気持ちを知ってか知らずか、ヒョンはぽんぽんと僕の背中を叩くと離れてしまう。


むっ。
ヒョンめ。
ポッポもしてくれないわけ?


いいんだ。明日は韓国に帰るだけだし、朝は遅いんだから。







あることを見て思い浮かんだ話です。
時期的なものもあったので、「アイスクリーム」よりも先に書きました。

ヒョン不足なチャミです^^



ブログの設定がすべて勝手に変更されていて、昨日は一日怒りモードでした。
禁止ワード設定やらコメ投稿設定やら、もうとにかく何もかも、勝手に変更されてて、朝驚きました。
でもちょっとしか直す時間なくて帰宅してから直しまくりました。
いったいなんで勝手に人のブログの設定を触ってるんでしょうか?
本当に止めてほしいです><


ところで、ライブでは、「Maximum」の「ユノヒョンは僕のもの」アピールは出たんでしょうか??
もう全然わからない><
誰か教えてください~~~。

それに何時に終わるんでしょうか?
どなたか横アリに行かれた方、いませんか~~~><




東方神起は二人です!!
koreanboyidol.jpg      
ふたりの笑顔がずっとずっと見たいのです。
ルールを守って、正しく応援していきましょうね。
よかったらポチしてやってください^^ 励みになります


また拍手いただけると飛び上がるほど喜びます^^

関連記事
web拍手 by FC2

Comment[この記事へのコメント]

 

鍵コメ m**様

こんにちは^^

> 「ズルい唇」のチャミのヒョン不足からくる行動が、とっても可愛いです~~^^  車の中で指を絡ませちゃうなんて、キャー♪(//▽//) ラブラブすぎていいですね! ユノが周りに優しすぎるがゆえに、さらに仕事には厳しいがゆえに、甘えたいんですね!

単独コンは、これまでのSMTやいろんなアーティストと合同のコンとは違いますからね、ユノはチャミがどんなに甘えてきても、今回は首を振らなかったのですよ。なので、チャミはそうとうなヒョン不足なのです(笑)
いいじゃん、ポッポされてるんでしょ!って思うんですが、物足りないらしいですw

ユノにしっぺしたり、つれなくしてるのは、もう完全にチェガンに生まれ変わったチャミです。ま、それはそれで可愛いんですけどねw

設定はね、朝起きてびっくりしました。寝る前に、正常だったのは確認してるんですからね。
記事はいじられてない様子なので(たぶん)、もう何でなのかわからないんですけどね。苦情は伝えたので、週明けの返答を待ってるところです。
励ましのコメありがとうです^^
  • Natsuki 
  • URL 
  • at 2012.01.22 02:03 
  • [編集]

Re: はじめまして 

鍵コメ む**様

初めまして、こんにちは^^

終了時間のお知らせ、感謝感謝です! ありがとうございます<m(__)m>
エンドロールを最後まで見ると、21時30分くらいにはなると見たほうがいいですね。
となると、帰るバスがないので、もう一泊決定です^^;

どんなにリハしていても、やはりお客を入れての本番は勝手も違うし、ユノたちはダンスして動き回りますからね、教えてくださったペン様もそう仰ったのでしょうね。でも、後で訂正されたとのことですから、本当にユノとチャンミン、ペンのために一生懸命稽古してきたんだと思います。だって、毎日10~11時間以上のリハだったですものね。あの二人は本当に最高です^^
一幕時のことを調べて納得して下ったとのことで本当にありがたく嬉しいです。
む**さんのように、調べれば、どちらが正しいのか絶対にわかるのです。それだけに、日光東照宮の猿みたいな花畑や向こうペンが本当に悲しいです。
また遊びにいらしてくださいね^^ コメ&お知らせ、ありがとうございました^^
  • Natsuki 
  • URL 
  • at 2012.01.22 01:25 
  • [編集]

 

鍵コメ み**様

こんにちは^^

> 「シークレット」の記事、結局パスワードひとつ解らず残念…。

えええっ、そうなのですか?
そんなに難しいものじゃないので、てっきり大丈夫だと思っていたのですが><
うーん、でも、公式に転載も禁止と思いっきり出ちゃった以上、日本でのライブ動画等はもう無理なので、ごめんなさいです<m(__)m>

ブログは設定以外は、今のところ記事を削除されてたとかないので、東方神起関係ではないと思われますが、でも、本当にびっくりしましたよ。朝置きたら、設定画面からして、なんかおかしいんですよ。
拍手ボタンの色も変わってるし、え?なに?って思って見てみたら、全部が変わってて、もう焦りました。
禁止ワードも無効だし、コメもなんでも投稿できるようになってるしで、朝は時間なかったので、帰ってきて設定を直したあと、運営に苦情を言いました。週末は休みみたいなので、週明けどんな言い訳してくるのだろうと思っています。

終了時間のお知らせありがとうございます!!
最後に練習風景が流れるんですね。なんか感動ものですね。うう、わたしも早くみたいです~~><b
  • Natsuki 
  • URL 
  • at 2012.01.22 01:12 
  • [編集]

管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  •  
  •  
  • at 2012.01.21 17:47 
  • [編集]

管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  •  
  •  
  • at 2012.01.21 10:26 
  • [編集]

管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  •  
  •  
  • at 2012.01.21 10:06 
  • [編集]

Comment_form


管理者にだけ表示を許可する | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドメニュー

プロフィール

Natsuki

Author:Natsuki
ユノペン・チャミペン・ホミンペンです。どっちが好きなのって聞かれても答えられません!(笑) だってどっちも大好きなんですもの。
カプで考えれば、わたしの場合、より好きな人が右なので(ホミン派です)、だったらチャミなのかな~とか考えますが(実際サジンが多いのはチャミなので)(←いったいいつの頃のこと書いていたのか、ユノが倍以上ありました^^;)、でもチャミとユノ、なれるとしたらどっちになりたいって聞かれたら、チャミって即答しますw ユノになってチャミを抱きしめるんじゃなく、チャミになってユノに抱きしめられたいw
最近、ユノへの溺愛率のほうが高いとようやく自覚してきました^^;
でも、やっぱりどっちも選べない。とにかく二人が好き。この二人じゃなきゃ駄目!

もはやわたしにとって、東方神起はTV2XQで、この二人だけだと思っているので、三人ペン五人ペンはお断りです。

わたしも五人時代本当に好きでした。ユノチャミ寄りであっても、みんなが大好きでした。
でも、三人に矛盾を感じ調べまくって、わかった事実。そして三人の不可解な言動と仲間であり家族でもあった二人への冷酷な態度に、もう好きだった三人はいないのだとわかりました。わたしは三人の作ったグループペンじゃなく、東方神起のペンだから、正しい二人を選びました。

三人は過去の人間です。自らその名を捨てたのに、いまだに未練たらしく名乗るのは許せません。もう「元」がつくだけです。だって変すぎるでしょう。それを変と思わないほうが理解できない。
例えを出せば、AK○48辞めた子が、「わたしAK○48の○○で~す」と言ってるようなもの。そんなのAK○48のファンが許すはずないでしょう。それと同じことです。
三人がいいなら彼らを応援すればいい。わたしはもう関心がありません。わたしはわざわざ三人関係のところにお邪魔もしていない。だから、三人ペン五人ペンは来ないでください。特にいまだに五人じゃなきゃって言う人はわからないから。

ユノとチャミの幸せがわたしの幸せ。二人がただただ笑顔でいてくれれば幸せ。もうこれ以上辛い目に遭いませんようにと祈って応援していくだけです。

LOVE TV2XQ

全記事表示リンク

QRコード

QR

右サイドメニュー

伝言板

東方神起の韓国での活動を応援しよう!

Translate

カレンダー

11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最新記事

最新のコメント