浩珉妄想録~ゆのちゃみLOVE~

ユノとチャンミン。二人が幸せそうに笑って、いちゃいちゃしてくれてたら、もうそれだけで嬉しくて幸せ。東方神起は、ユノとチャンミンの二人だけです!!ユノチャミへの妄想と愛を語るブログです。

Entries

ユノの干支は虎です!

続きからどうぞ。



前記事でご紹介した、『☆楽しさで見る虎と龍の年に生まれた人々の性格☆』の記事の内容ですが、これは、あの胎夢のお話をご紹介してくださったカシちゃんが書かれたものです。

それでですね、そのときに『ユノは虎年ではなく、牛年ですよ』と書かれた方がいました。ユノが自分でもそう言っていますと。
今日、わたしのところに同じ書き込みをしてきた方がいらっしゃいました。
『ユノ自身が干支は丑だよと以前に話していましたが?』と。

別にコメントに腹など立てていませんよ。
ユノがそう言っていたのは事実ですし、それを覚えていらっしゃるからこその書き込みでしょうから。

ただ、今までコメントされたこともない方なのに、なんの挨拶もなく、そのコメントだけでした。
馬鹿にした書き方はされていませんし、言葉遣いは丁寧ですが、人のブログに来て初めてでいきなりするコメントではありませんよね。
いつもわたしのブログを読んでくださっている方でしたら、わたしがそういうことを嫌いな人間であることをご存知のはずです。

うるさいかも知れませんが、わたしは、初言にも関わらず、挨拶もないコメントにはお返ししません。
最低限のマナーは守っていただきたいからです。
ブログはわたしの家のようなものです。
ですから、初めてであるのに、何の挨拶もなしにコメだけ入れるというのは、見ず知らずの人間がいきなり人の家に『ごめんください』もなしに土足でどかどかと入ってきて、家主になにか言ってるのと同じことです。

それにホミンペンであるなら、ユノがそう言ってたのを知っていても、違う書き方をしていたはずかと思いますので、向こうペンさんでしょうか? ユノが虎年で、チャミと運命の二人だと困るからでしょうか?
それとも、ホミンペンさんかもしれませんが、初めてここに来られて知らなかっただけでしょうか?

どちらにせよ、このまま答えずにいて、勘違いされたままなのも困りますので、そのことについて記述いたします。

2paradise様のカシちゃんは、記事をあげるにあたって、きちんと調べてからあげられています。
でもそんな書き込みがあったので、きちんと説明されており、2paradise様で『ユノは牛年ですよ』と書き込みされたカシちゃんも、『知識を一つ得ました~(知識が一つ増えました)』と納得されていました。


ですので、その説明をお借りいたしました。



ユノ(Yunho)は、確かに『虎年(干支)』が正しいです。


混乱があるようなので、私は干支(tti)区分の基準に関するニュースを検索して調べてみました。
我が国暦(曆法)(韓国の暦法)によると、干支(tti)の境界は、 『太陰暦新年(旧暦New Year's Day)』ではなく『立春』です。
(これは決められたルールになります。)



つまり、立春は2月4日であるため、その前日の2月3日に生まれた子供は牛年(干支tti)となりますが、2月4日〜2月14日までに生まれた子供たちは、旧暦の日付と関係なく、すべて虎年(干支tti)となります。

ほとんどの人々は、干支(tti)を『太陰暦新年(旧暦New Year's Day)』を基準だと思っているので、中途半端な時に生まれた人々の場合は、自分の干支(tti)の判断がつかなくて、間違って覚えている人がたくさんいます。

ユノ(Yunho)も自分が『牛の年』に生まれたという誤った情報を覚えていますので、このことを知ったみなさんが、もし彼(ユノ)と会う機会がありましたら、ユノ(Yunho)に『(ユノの干支は)牛年ではなく、虎年ですよ』と正しく教えてくだされば嬉しいですね。

忘れないでくださいね!
干支(tti)は、旧正月(旧暦New Year's Day)ではなく、立春(立春:2月4日)が基準です。



以上です。

ですから、胎夢の話も、前記事の虎年生まれの性格・特性の話も間違っていませんよ。
ユノの誕生日は2月6日で、立春後の生まれです。
ですから、間違いなく虎年生まれです。

また、『ユノとチャミの仲が悪い』との検索が増えました。
ホント、懲りないですね。
頭の中、スポンジですかね。

どうにかして二人を引き離したいんですね。
でも無駄ですから。



ユノは虎年生まれで、チャミは龍年生まれ。
二人は天が定めた運命の二人なんですから!!





では、アンニョンです^^

ユノヤ~、チャンミナ~、サランヘヨ


<画像の出処は画像内です>


一日一回の応援ポチをお願いします^^ 励みになります
koreanboyidol.jpg      
東方神起は二人です!!
ふたりの笑顔がずっとずっと見たいのです。
ルールを守って、正しく応援していきましょうね。


拍手いただけると飛び上がるほど喜びます^^

関連記事
web拍手 by FC2

Comment[この記事へのコメント]

管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  •  
  •  
  • at 2012.04.09 00:12 
  • [編集]

管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  •  
  •  
  • at 2012.04.08 23:00 
  • [編集]

干支 

はじめまして。
いつも楽しく拝見させていただいております。

干支の件ですが私の娘が早生れで2月2日で
ずっと丑だと思っていたところ(何年も前の話ですが)
本屋でたまたま干支の本を読んだときに
その立春のことが書かれてあり初めて知りました。
それで別の干支の本や占い本などもその後チェックしたのですが
どれも2月4日までの生まれの人は前の年の干支になると書いてありました。

なのでうちの子の場合前の年のねずみ年ということになります。
ユノはトラですね。
本屋やネットでも調べればすぐ分かることだと思います。
日本のどの(占い)本にもそう書いてあります。
だから私はNatsukiさんので合っていると思います。

と、一言お伝えしたくて・・・。又遊びに来ます。
  • 新規ペン 
  • URL 
  • at 2012.04.08 21:58 
  • [編集]

管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  •  
  •  
  • at 2012.04.08 21:32 
  • [編集]

管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  •  
  •  
  • at 2012.04.08 18:33 
  • [編集]

Comment_form


管理者にだけ表示を許可する | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドメニュー

プロフィール

Natsuki

Author:Natsuki
ユノペン・チャミペン・ホミンペンです。どっちが好きなのって聞かれても答えられません!(笑) だってどっちも大好きなんですもの。
カプで考えれば、わたしの場合、より好きな人が右なので(ホミン派です)、だったらチャミなのかな~とか考えますが(実際サジンが多いのはチャミなので)(←いったいいつの頃のこと書いていたのか、ユノが倍以上ありました^^;)、でもチャミとユノ、なれるとしたらどっちになりたいって聞かれたら、チャミって即答しますw ユノになってチャミを抱きしめるんじゃなく、チャミになってユノに抱きしめられたいw
最近、ユノへの溺愛率のほうが高いとようやく自覚してきました^^;
でも、やっぱりどっちも選べない。とにかく二人が好き。この二人じゃなきゃ駄目!

もはやわたしにとって、東方神起はTV2XQで、この二人だけだと思っているので、三人ペン五人ペンはお断りです。

わたしも五人時代本当に好きでした。ユノチャミ寄りであっても、みんなが大好きでした。
でも、三人に矛盾を感じ調べまくって、わかった事実。そして三人の不可解な言動と仲間であり家族でもあった二人への冷酷な態度に、もう好きだった三人はいないのだとわかりました。わたしは三人の作ったグループペンじゃなく、東方神起のペンだから、正しい二人を選びました。

三人は過去の人間です。自らその名を捨てたのに、いまだに未練たらしく名乗るのは許せません。もう「元」がつくだけです。だって変すぎるでしょう。それを変と思わないほうが理解できない。
例えを出せば、AK○48辞めた子が、「わたしAK○48の○○で~す」と言ってるようなもの。そんなのAK○48のファンが許すはずないでしょう。それと同じことです。
三人がいいなら彼らを応援すればいい。わたしはもう関心がありません。わたしはわざわざ三人関係のところにお邪魔もしていない。だから、三人ペン五人ペンは来ないでください。特にいまだに五人じゃなきゃって言う人はわからないから。

ユノとチャミの幸せがわたしの幸せ。二人がただただ笑顔でいてくれれば幸せ。もうこれ以上辛い目に遭いませんようにと祈って応援していくだけです。

LOVE TV2XQ

全記事表示リンク

QRコード

QR

右サイドメニュー

伝言板

東方神起の韓国での活動を応援しよう!

Translate

カレンダー

11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最新記事

最新のコメント