浩珉妄想録~ゆのちゃみLOVE~

ユノとチャンミン。二人が幸せそうに笑って、いちゃいちゃしてくれてたら、もうそれだけで嬉しくて幸せ。東方神起は、ユノとチャンミンの二人だけです!!ユノチャミへの妄想と愛を語るブログです。

Entries

京セラ三日目(4/23)ちょいレポ(感想編)

『腐』目線入ります。大丈夫な方のみ続きからどうぞ。



ちょっと遅くなってしまいましたが、京セラ最終日の感想を思い出しながら書いていきたいと思います。


この日、ユノもチャミも、最後だからと本当に気合が入っているなというのが遠くの席からでもわかりました。
スタンドの上段席(見た目では3階席?)の、ほぼ真正面からステージを見た感想は、こんなに綺麗な演出をしてくださっていたのかということでした。
レーザー光線や照明がですね、とても神秘的で、本当に感動しました。
まるで光の雲の上、もしくは銀河にいるような気さえしました。
スポットライトが、二人だけを照らすところなどは、いつも思っていましたが、まるで『天使のはしご(天国の階段とも言います)』のようでしたし、もしかしたら、本当に天上とか、宇宙とか、そういったイメージがあったのではないかと感じました。
綺麗な緑のレーザー光線が、一本の光の線ではなく、なんて表現をしたらいいのか、扇子を広げたときのように、薄い光の膜となって会場に広がったときなんて、もう美しすぎました。美しい緑の光の膜の下に見える、レッドオーシャン。なんだか、雲の上――天上から地上を見ているような気持ちでした。


『シアワセ色の花』が終わってからMCに入るわけですが、前回に続いて、ちょっとだけ『腐』目線的な感想を。
びばるいですけどね、やはり、あれやりたかったのはチャミなんですよ。
でもって、チャミは、『ユノヒョンは僕のもの』アピールをしたかったんです。

と言うのが、今までのエピツイやわたしが見てきた『びばるい』を検証してみるとですね、ユノはチャミに顔を近づけることはあってもそれ以上のことってしていないですよね? しても、チャミの首に腕を回してたくらいです。
でも、ユノが顔を近づけるだけでチャミが恥ずかしがって逃げていたので、それで終わっています。
けれど! チャミがユノに迫った場合は、セリフを言うだけじゃなかったですよね!? 首根っこしっかり押さえているわ、逃げるユノを追いかけるわ、ポッポしてるように見えるくらい顔に唇を近づけたり、耳に息を吹きかけるわ、耳たぶやほっぺを噛むフリをしたりと、もういろんなことをしています。
ペンは、誰もなにかやってなんて言ってないんですよ?(笑)
全部、チャミがやってるんです(重要!!)
ただ『邪魔者が消えた!』って言えばいいのに、アレンジしてユノに迫ってるのは、毎回チャミでした。
そして、オーラスもそうでした。
『一度で終わらせるために二人同時にやりましょう』って言ってやったのはいいけど、チャミはセリフを言わず、決め顔をしなかったので、ペンからブーイングが起きて、チャミだけやることになったわけですけど、チャミは、セリフと決め顔をするだけでよかったんです。
なのに!
ユノにさらに顔を近づけ(本当にポッポしたかのように見えました!)、耳たぶかほっぺを齧る仕草! 最初の二人で一緒にというときも、わたしはわからなかったのですが、いただいたコメによると、チャミはユノの耳に息を吹きかけていたそうです!!!
誰もそんなことしてなんて、ペンは言ってないのにです!(しつこいですが、重要!!!)

つまり、びばるいやりたかったのはチャミで、チャミはペンに『ユノヒョンは僕のだから!!』ってアピールしたかったんですよ。
最終日は、イ・スマン先生も、ヨンミン社長も見に来ていらしたのに、チャミたん、よくやりましたよね^^
公認とはいえ、ライブではやるなって言われていたのにやったんですからね。
もう最後だし、怖いものなしって感じだったのかしら^^

でも、スマン先生もヨンミン社長も、一般のペンの方たちと一緒に笑ってペンラ振って、なんか熱心なナムジャペンぷりだったそうですよ^^
ゴムボールをユノたちが投げてるときは、ヨンミン社長、ユノをずっと見てアピールして、スマン先生も『くれ、くれ』って感じで手を伸ばしてたそうです(笑) なんか可愛い~~~^^
でも、そんな素敵な方たちがいつも見守ってくれてるから、ユノもチャミも幸せですね。
『I AM』でユノやSMファミリーが、スマン先生に抱きつくシーンがありますよね? あの時、みんないい顔してると思いませんか? 愛されて大事にされるのをわかってるからこその笑顔ですよね。
事務所の一番偉い人に、あんなふうに抱きつくなんて、まず日本じゃちょっと考えられないですよ。それだけ、本当にファミリーなんですね。凄いことだと思われませんか^^?


ライブは、序盤ユノのイヤモニ事故がありましたが、本当にオーラスに相応しい素晴らしいものでした。
最後まで手を抜かず、一つ一つ大切に踊り、歌い、ペンを嬉しそうに見回して、数え切れないほどのファンサをする二人を見ました。

ユノが本当に楽しんで、そしてある意味リラックスした状態でライブしてるんだなって思ったのが、サマドリのときでした。チャミがサマドリのときに、疲れからか、こけて倒れてしまったんですが、チャミ、カメラに超超超~~~~可愛い、両手をほほのところで広げてペロッと舌を出す愛嬌をしたんですね。そのとき、ユノが、歌っているときだったのに、楽しそうに笑い声を上げたんです!
それを聞いて見て、『ああ、ユノ楽しんだな、チャミと一緒にライブをやれて幸せで、肩から力が抜けたいい状態なんだな』って凄く嬉しくなりました。


そして、アンコールのライサンが終わってからのMC。
ユノの『完全に一つになりました』発言あとの、チャミの『幸せでした』発言。これでわたしの涙腺は崩壊しました。ずっと泣きそうではあったけど、二日目までは、ライブでは大丈夫でした。でも、チャミのこのセリフで今までのことが全部思い起こされて、涙腺がぶっ壊れました。
隣の方に、大丈夫?と心配されちゃいました。
そして、最後までずっとボロボロ泣きながらの声援飛ばしでした。

その『幸せだった』発言だけでも凄い威力だったのに、チャミの『永遠に応援お願いします』発言で、もう号泣状態となってしまいました。
誰よりも頑張っているのに、

『いつでもどこでも、どんなステージでも、みなさんへの感謝の気持ちをちゃんと伝えられる、そういう東方神起になれるように、もっともっと頑張っていきますので、永遠に応援をよろしくお願いします!!』


まだまだ頑張るという二人。
永遠に応援するよ~~~。すっとずっと応援するよ~~~~


また、裏でずっと支えてきてくれたスタッフさんたちを紹介して、わたしたちビギもそのメンバーの一員だといってくれて『レッドオーシャンチーム』と紹介してくれたことも、とても嬉しいことでした。本当に東方神起って最高だと思いました。
アーティストがいつだって真摯で素晴らしいから、スタッフたちも絶対にいいものを作り上げようとする最高のスタッフになり、最高のステージが出来上がる。
それを証明してきたライブだったと思います。


最後、ユノは『また会えるからさ』。そう言ってくれました。
ユノは嘘をつかないから、また会えます。
だって、2009年の『またね』をユノは破りませんでした。
東方神起を守って、待っていたわたしたちのところに帰ってくれました。
だから、それが来年になるのか、もっと先になるのかわからないけれど、また会えます!
だから、わたしたちは、『永遠に』応援しながら、楽しみに待っていましょう!^^!


そして『腐』目線ですが、萌えは最後の最後にもありました。

ダブルアンコールをユノもチャミも想定してなかったんだと思います。
再び出てきてくれたとき、ユノは感激のあまり、言葉がすぐに出てきていませんでしたから。
でもそれがよけいにユノとチャミの心情を伝えてくれて、嬉しくなりました。
そして、出てきてくれた二人はステージを回って挨拶をしていってくれたんですが、回り始めるときにですね、チャミが『ねぇヒョン、どこから回ります? 右奥から行きます?』とか相談するように、ユノに話しかけていたんです。
その姿がですね、本当に自然で、二人の仲の良さをあらわしてて、チャミはユノのこと本当に本当に大好きなんだな~って見て伝わってきたんですね。まるでデートの相談してるようにも見えて、わたし、このとき涙止まらず大泣き状態だったのに、萌えてしまいました(笑)


ユノ、チャミ、『幸せだった』と言ってくれて本当にありがとう。
あなたたちが幸せだと思ってくれてたんだと、その言葉を聞けただけで、もう充分すぎるくらいです。
愛がいっぱいつまったステージをありがとう。
永遠に応援して待ってるから、またイルボンでライブしてね^^




レポにもならない感想ですが、わたしがオーラスで感じた感想でした。
では、これでアンニョンです(^_^)/~

コメント、拍手、そしてランキングポチ、ありがとうございます^^


ユノヤ~、チャンミナ~、サランヘヨ


<画像の出処は画像内です>


一日一回の応援ポチをお願いします^^ 励みになります
koreanboyidol.jpg      
東方神起は二人です!!
ふたりの笑顔がずっとずっと見たいのです。
ルールを守って、正しく応援していきましょうね。


拍手いただけると飛び上がるほど喜びます^^
(残念ながら、スマホではテンプレが対応してないようです 拍手してやってもいいぞ~って方は、PC表示に切り替えてお願いします

関連記事
web拍手 by FC2

Comment[この記事へのコメント]

管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  •  
  •  
  • at 2012.05.05 02:59 
  • [編集]

管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  •  
  •  
  • at 2012.05.04 19:25 
  • [編集]

オーラス! 

よかったですよね・・・!
確かにいわれて見れば、チャミの方が積極的だったかもw
いろいろやってましたね。
サブステ、転んだところまでは見えたのですが
その後のかわいい顔!はもちろん見られず、あとで
いろんなサイトに出ているのを見て知りました・・・かわいすぎ☆
その時にユノが笑った、というのはこちらで初めて知りました。
どうもありがとうございます^^

私はまだ新米ですが、これからずっとずっと二人を愛して、
応援していきたいと思いました!
素敵なレポ、ありがとうございます!
  • mizutama 
  • URL 
  • at 2012.05.04 18:09 
  • [編集]

管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  •  
  •  
  • at 2012.05.04 11:39 
  • [編集]

大感動の最終日! 

Natsukiさん おはようございます☀
京セラドームの2人は本当にコンサートを楽しんでいて、シアワセそうで、
見ている私達も本当に幸せでした。
日本のコンサートで東方神起としての自信を持ってくれたことが嬉しい!
東京ドームも3日間見たのですが、構成が変わっていたりして、
最終日まで最高であろうとする姿にも感動しました。
最終日は、バックステージから見たのですが、
全体が見渡せて、コンサートの演出がキチンと観られて、良かったです。
天井からの照明に照らされる2人が
この世の物のは思えない神々しい美しさで私も途中から泣いてました。

東方神起に出逢えて、東方神起を大好きになって本当に良かった♥
これからも、腐目線全開で(笑)
愛に満ちたブログ楽しみにしています☆

Comment_form


管理者にだけ表示を許可する | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドメニュー

プロフィール

Natsuki

Author:Natsuki
ユノペン・チャミペン・ホミンペンです。どっちが好きなのって聞かれても答えられません!(笑) だってどっちも大好きなんですもの。
カプで考えれば、わたしの場合、より好きな人が右なので(ホミン派です)、だったらチャミなのかな~とか考えますが(実際サジンが多いのはチャミなので)(←いったいいつの頃のこと書いていたのか、ユノが倍以上ありました^^;)、でもチャミとユノ、なれるとしたらどっちになりたいって聞かれたら、チャミって即答しますw ユノになってチャミを抱きしめるんじゃなく、チャミになってユノに抱きしめられたいw
最近、ユノへの溺愛率のほうが高いとようやく自覚してきました^^;
でも、やっぱりどっちも選べない。とにかく二人が好き。この二人じゃなきゃ駄目!

もはやわたしにとって、東方神起はTV2XQで、この二人だけだと思っているので、三人ペン五人ペンはお断りです。

わたしも五人時代本当に好きでした。ユノチャミ寄りであっても、みんなが大好きでした。
でも、三人に矛盾を感じ調べまくって、わかった事実。そして三人の不可解な言動と仲間であり家族でもあった二人への冷酷な態度に、もう好きだった三人はいないのだとわかりました。わたしは三人の作ったグループペンじゃなく、東方神起のペンだから、正しい二人を選びました。

三人は過去の人間です。自らその名を捨てたのに、いまだに未練たらしく名乗るのは許せません。もう「元」がつくだけです。だって変すぎるでしょう。それを変と思わないほうが理解できない。
例えを出せば、AK○48辞めた子が、「わたしAK○48の○○で~す」と言ってるようなもの。そんなのAK○48のファンが許すはずないでしょう。それと同じことです。
三人がいいなら彼らを応援すればいい。わたしはもう関心がありません。わたしはわざわざ三人関係のところにお邪魔もしていない。だから、三人ペン五人ペンは来ないでください。特にいまだに五人じゃなきゃって言う人はわからないから。

ユノとチャミの幸せがわたしの幸せ。二人がただただ笑顔でいてくれれば幸せ。もうこれ以上辛い目に遭いませんようにと祈って応援していくだけです。

LOVE TV2XQ

全記事表示リンク

QRコード

QR

右サイドメニュー

伝言板

東方神起の韓国での活動を応援しよう!

Translate

カレンダー

11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最新記事

最新のコメント