浩珉妄想録~ゆのちゃみLOVE~

ユノとチャンミン。二人が幸せそうに笑って、いちゃいちゃしてくれてたら、もうそれだけで嬉しくて幸せ。東方神起は、ユノとチャンミンの二人だけです!!ユノチャミへの妄想と愛を語るブログです。

Entries

東方神起が大好きです。だからずっとついて行きます。応援します。

さて、すこし情報ブログ様や他のサイト様を見てから寝よって思って、回っていたら、GD賞に東方神起がノミネートされてなかったという記事を見つけ、えええええ?なにそれ?と、いろいろ探し回りました。
GD賞のホームページのノミネート欄にはまだ情報が載っていませんでした。
オフィシャルにもまだ知らせがありませんでした。
それで、頼りはもうあそこだと、Jung Yunho Fan Blog Ring ONE様を訪ねて、詳細がわかりました。
こちらから、飛んでご覧になってみてください。

ノミネートされてないのではなく、東方神起側から辞退したのだそうです。
きっと皆様も思うことはあると思います。
けれど、なぜ東方神起がそうしようと思ったのか、二人が語らない以上わたしたちが憶測で言ってはいけませんよね。
Jung Yunho Fan Blog Ring ONE様が書かれていらっしゃるように東方神起のためにそうしたほういいというSMEの判断かもしれませんが、受け入れたということは最終的には二人が考え抜いて出した結論です。わたしたちは、二人のペンですから、二人の決定を支持しましょう。


どんなことがあってもついて行きます。ユノ、チャンミン、サランヘヨ。
ずっとずっと応援していきます。
10年先も20年先も見つめている二人。
あなたたちは、まだまだずっと続いていくのですから^^


東方神起は二人です!!
koreanboyidol.jpg      
 賛同いただけたら、ポチしてやってください^^ 励みになります

関連記事
web拍手 by FC2

Comment[この記事へのコメント]

Comment_form


管理者にだけ表示を許可する | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドメニュー

プロフィール

Natsuki

Author:Natsuki
ユノペン・チャミペン・ホミンペンです。どっちが好きなのって聞かれても答えられません!(笑) だってどっちも大好きなんですもの。
カプで考えれば、わたしの場合、より好きな人が右なので(ホミン派です)、だったらチャミなのかな~とか考えますが(実際サジンが多いのはチャミなので)(←いったいいつの頃のこと書いていたのか、ユノが倍以上ありました^^;)、でもチャミとユノ、なれるとしたらどっちになりたいって聞かれたら、チャミって即答しますw ユノになってチャミを抱きしめるんじゃなく、チャミになってユノに抱きしめられたいw
最近、ユノへの溺愛率のほうが高いとようやく自覚してきました^^;
でも、やっぱりどっちも選べない。とにかく二人が好き。この二人じゃなきゃ駄目!

もはやわたしにとって、東方神起はTV2XQで、この二人だけだと思っているので、三人ペン五人ペンはお断りです。

わたしも五人時代本当に好きでした。ユノチャミ寄りであっても、みんなが大好きでした。
でも、三人に矛盾を感じ調べまくって、わかった事実。そして三人の不可解な言動と仲間であり家族でもあった二人への冷酷な態度に、もう好きだった三人はいないのだとわかりました。わたしは三人の作ったグループペンじゃなく、東方神起のペンだから、正しい二人を選びました。

三人は過去の人間です。自らその名を捨てたのに、いまだに未練たらしく名乗るのは許せません。もう「元」がつくだけです。だって変すぎるでしょう。それを変と思わないほうが理解できない。
例えを出せば、AK○48辞めた子が、「わたしAK○48の○○で~す」と言ってるようなもの。そんなのAK○48のファンが許すはずないでしょう。それと同じことです。
三人がいいなら彼らを応援すればいい。わたしはもう関心がありません。わたしはわざわざ三人関係のところにお邪魔もしていない。だから、三人ペン五人ペンは来ないでください。特にいまだに五人じゃなきゃって言う人はわからないから。

ユノとチャミの幸せがわたしの幸せ。二人がただただ笑顔でいてくれれば幸せ。もうこれ以上辛い目に遭いませんようにと祈って応援していくだけです。

LOVE TV2XQ

全記事表示リンク

QRコード

QR

右サイドメニュー

伝言板

東方神起の韓国での活動を応援しよう!

Translate

カレンダー

11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最新記事

最新のコメント